紫外線と肌と影響について

紫外線を長時間照射されると、肌の細胞が壊れてしまうということは、多くの人が認識しているところです。

紫外線の悪影響から肌を守る必要があるため、自然に起こる防御反応があります。

肌には表皮という部分がありますが、この表皮の基底層では、メラニン色素を増やすメラノサイトが活発に活動をしています。

正しいターンオーバーが行われている皮膚なら、一時的にメラニン色素が増えても、いずれ排出されます。

ですが、お肌の健康状態に問題があるような時には、メラニン色素が代謝されずに、お肌の中にいつまでも残ります。

メラニン色素が肌の内部に残っていると、徐々に黒くなってシミやソバカスといった肌トラブルの原因になります。

強い紫外線の下で、長時間の活動をしていると、紫外線が皮膚に与えるダメージが大きくなるため、メラノサイトも活発になります。

美白や美肌のことを考えるのであれば、紫外線を浴びることによるメラニン色素の増加は極力避けなければなりません。

紫外線は、皮膚の保湿力を低下させる働きもあるといい、肌に対してはよくない効果を及ぼすことが多いようです。

お肌に蓄えられていた水分が減少すると、肌トラブルの原因になることが多いといいます。

皮脂膜や、細胞間脂質など、肌の保湿を司る細胞に、紫外線はダメージを与えてきます。

水分量も油分も守れない状態になり、皮膚は乾燥気味になって守る働きを失い、肌トラブルの原因になってしまいます。

ホワイトベール売ってるところ