自分の肌に合った化粧品を見つける

化粧品は、10代後半から使い始めています。それから30年以上経ち、長い付き合いになっています。若い頃は、雑誌で人気の海外化粧品、コマーシャルで見たきれいな化粧品など、ついついすぐに購入していたのです。キレイになっているようでも、実は肌に負担をかけていたようです。

20代後半になって、ようやく自分の肌に合った化粧品を見つけることが出来、今に至っています。私は、決して肌が強いほうではなく、色白で日焼けをすると大変な事になります。それでも、若い頃は皆と同じような化粧品を使っていたのです。

その後、紹介された無香料・無添加の化粧品を使っています。使い始めて、自分は香料が合わなかったかもと思っています。それからは、ずっと無香料の化粧品です。少しでも香料のあるものを手にとると、気のせいかもしれませんが、かゆくなってきます。

もちろん、香料のある化粧品を使っても何ともない人もたくさんいます。とにかく、色々な宣伝に惑わされないで、自分の肌に合った化粧品を選ぶことが、大切だと思います。
ハイドロキノン化粧品で無敵の美白に